口角を上げて!

koukakuage.exblog.jp

心身ともにあちこちガタガタになってはいられない!愚痴を吐き出しリフレッシュできればいいなぁ!

非常に久しぶりに旅してきた、足が痛かったが、とても楽しかった!

6日ぶりの投稿だ。

マンネリ化した刺激のない日々を過ごしていたが、
思いきって、娘たちの旅の話に乗った。
誘っても一緒に行ってくれない夫は、留守番だ。
申し訳ない気持ちがしたが、私だって旅行にたまには行きたい。

娘家族と次女と私と6人の大人数。
孫が行くから、それと行ってみたかった場所だから、思いきって参加することにした。

ここ、孫の世話や家政婦の手伝いも、疲れ気味だったし。

久しぶりの新幹線、なんと速く東京駅に着くんだろう!
寝ている暇がなかった(笑)

久しぶりの大都会東京、ひと、ひと、ひと、
先導者について行くだけだから、楽チンだった。

そこからの電車移動、車窓からの都会を眺めていたら、あっという間に着いた。

以前の私は、ひとに疲れ、電車に疲れ、頭痛がしていたなぁ。
コンタクトレンズから眼鏡に替えたからと思っている。

豪華なホテル、見晴らしがいい、素晴らしい!

ホテル特有のかけ布団に慣れていないので、夜中に何度も目が覚めて、また、気持ちの高揚もあったかな?

翌日には、たぶん日本一人気のある、混雑も日本一なのではないかと思う、娯楽施設に、張り切って朝早くから。

数回目だか、いつ見ても感動もんだ。
いつ来てもひとがすごい。
こんな行列の、ものすごい人混みは、テレビで見るだけだった。
自分がその場にいるなんて信じられなかったが、イラつきもせず、人間ウォッチをして、待つことができた。
私も変わったなぁ。

先導者がいるから、それに着いていき、あれこれ。
初めてメガネをかけて3D画面を見させてもらった、いやぁ面白かった!面白かった!

我々は食べる興味が強いなぁ、と思った。

これが、美味しかったのだから、ビックリさせられた、だからみんな長時間並んでも買うんだ。

その夜は寝不足もあり、皆疲れて寝たが、あのかけ布団どうにかならないかなぁ。

翌日、ホテルの朝のバイキングをしっかり食べさせてもらい、別の隣の娯楽施設に。

雲ひとつない快晴で、汗だくのみっともない私は、熱中症にでもなるのではないか?と不安になるくらいだった。

このシー施設は初めて。
素晴らしい!
外国に行ったことがないから、それを味わわせて貰おうとアチコチ。
大人向け、私向け、面白かった!

ところが、ところが、一日中歩き回り、一日中体重を支えた、わが足、膝ではなく、足の裏が痛くなり、痛くて痛くて、
しかし、しかし、最後まで歩ききったわが足裏よ、ごくろうさんだった!

熱中症にならないかと暑かったが、
ものすごい、ものすごい混雑ようだったが、
足裏が悲鳴を上げていたが、

しかし、私はバテずに行動できた、
もう老けきってしまっている、と思っていたが、
しかし、私は以外と元気で、これが、嬉しくて仕方がない。


さぁ、もう現実の朝がきた。

たくさん歩いて身体が何だか元気いっぱいではないか。
気持ちもスッキリしているではないか。

やはり旅の良さってあるんだなぁ。

あぁ、面白かった!

e0332697_06102583.jpg




[PR]
by Kahariko | 2014-10-21 04:53 | 感動したこと